大谷高等学校吹奏楽部OB会

OTANI HIGH SCHOOL BAND ALUMNI ASSOCIATION OFFICIAL BLOG

カテゴリ:お玉人生

「私を育ててくれた吹奏楽講習会」 私が吹奏楽に関係するようになったのは1963年(昭和38年)、当時面倒を見ていた鐘紡京都のスイングバンドを拡大して吹奏楽団結成の話がわいていた。私にとって吹奏楽は未知の世界。幸いにも東北吹奏楽連盟主催の講習会(5泊6日で福島県 ...

古い写真を探していたら、これぞ正しく国宝級というのが出てきた。1985年ごろだと思う。当時の関西の吹奏楽関係の大物がずらりと並んでいる。JBA(全日本吹奏楽指導者協会)の総会が大阪リバ-サイド・ホテルで行われた。その時の歓迎セレモニ-として、JAZZ BANDを編成して ...

「済州から届いた年賀状」 韓国の友人、金升澤氏から20年余り毎年送られてくる年賀状。昨年12月27日に日本の友人あてにも50通余り送ったと電話があった。普段なら1週間で到着するのだが、年末年始の郵便事情のため未到着。今日はそれがメ-ル添付で送られてきた。何時もな ...

「あけましておめでとうございます」 卒寿を迎えた昨年は、演奏会をはじめ多くのお祝いの席を開いて下さり感謝いたします。そして今年は高齢社会の1年生になりましたが、何時まで続くか宜しくお願い致します。 幻の指揮者になって25年、今ではジャンルを離れ、多くの音楽 ...

創立以来、相談役顧問という大層な肩書をつけられているが、どんな仕事をしたか私にはさっぱりわからない。昨日恒例のクリスマス・コンサートのプログラムが送られてきた。デザインは何時も指揮者の金升澤氏が手掛けたもので、色彩に凝っている。カラ-でも白黒でも値段は変 ...

「On Parade of the splendid friend」 1986.12に北京・上海で行われた第4回日中青少年交流大会に参加した大谷高等学校吹奏楽部の当時1年生であった仲間の有志が集まって、忘年会を兼ねた懇親会が私の健康を気にし、自宅の近くで行われた。 中国遠征、コンク-ルのための ...

「戴いたノーベル賞記念チョコレート」 スエーデンに研究のため出張している西村周泰君が4日に休暇帰国。実家がご近所ということで早速来宅。お土産に今年のノ-ベル賞記念のチョコレートを戴いた。由緒あるチョコレート“はい有難う”といって食するわけにもいかず、スキャ ...

「懐かしき友と伏見で再会」 昨日は、40年前、吹奏楽のいろはを語り合った友と昼食を共にし若かりし頃の話に花が咲きました。森島洋一(現大津シンフォニックバンド音楽監督)斉藤稔(元京都平安女学院吹奏楽部顧問)荒木政雄(大阪明浄学院吹奏楽部名誉顧問)それと私(幻 ...

「JAZZを楽しむ素晴らしき仲間」 昨日はOBの池田君に引っ張り出され、仲内君が主査するGroovemakers Jazz Orchestraのライブコンサ-とに参席させていただきました。真冬並みの寒さの中、紅葉見物の観光客でごった返す京都駅近くの会場に一歩入ると、熱気あふれ演奏を待つJ ...

<木津 清 先生:連絡先> メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu 【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か! ...

<木津 清 先生:連絡先> メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu 【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か! ...

<木津 清 先生:連絡先> メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu 【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か! ...

<木津 清 先生:連絡先> メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu 【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か! ...

特別寄稿#2「コンクールに求めるもの」 連盟から夏のコンクール招待状が届いた。今年の暑さは格別、老齢の私は参席をためらっていた。そんな折、大藪さん(OB保護者)から会場で待っていますとメールが届いたのを機に、今年の大谷の出来も心配であったのと、新装なった京 ...

特別付録#14「懐かしき友人よりの電話」 5月からの一連の行事が終り、肩の荷をおろし、ホット!しているところに韓国釜山からの電話。“ヨボセヨ”(こんにちは)と電話を受けたが、返ってくる返事はハングル。何でもよいからイェ-イェ-(はいはい)とやったがさっぱり ...

特別付録#13「海峡を越えた友情~金升澤氏と私」 20年、私にとってはあっという間の年月でした。1993年大谷高等学校を退職した翌年、済州商業高等学校の芸術祭にご招待を戴き、同校の管楽隊の客演指揮をさせていただきました。その折に通訳としてお骨折り戴いた時が、金升 ...

特別付録#12「素晴らしき仲間のコンサートを終え II」 練習場への階段は老齢の私には大変だった。1月中旬より始まった練習、寒さのせいか5〜6名。以後は階段に足を乗せるたびに、今日は何人だろうと、新しい仲間に会える楽しみがあった。練習の合間に現役時代の想い出に花 ...

特別付録#11「素晴らしき仲間のコンサートを終え」 私の卒寿(実際は9月)にパワーを送ろうと開催してくださった演奏会も、成功裡に終えることが出来喜んでおります。OB諸君のご尽力に書面上ですが、深くお礼申し上げます。 ※池田君の出迎えでいざ出発! この一週間は ...

特別付録#10「風邪をひかなかった今年の冬」 暖かくなった今、よく考えてみると今年は風邪をひいた記憶がない。例年なら私の冬は風邪熱との付き合いで明け暮れている。それが今年は風邪をひいている間がなかったのかもわからない。 昨年夏、OB会長の辻倉氏に、来年は私も ...

特別付録#9「思い出のDVD配布について」 5月に行われるOB会主催の演奏会の練習が1月から始まったが、懐かしい顔が集まると話のネタになるのは,定期演奏会それに加えて各種演奏旅行である。それらの音源は大谷時代にオ-プンテ-プからカセットに変換し、それをCDにして希 ...

第四章:フィナ-レ「初めての海外演奏」 初めての海外演奏旅行(1986.12)は、何もかもが未知で、新鮮であった。 北京の公演は、想像以上に盛りあがった。公演前の三十分間、中国の、主賓との謁見が慣習となっていると聞いた時は、どうなることやら、と心配になったが、 ...

大谷高校を退職に際し、多くの人から私の音楽人生を振り返り、自叙伝を書いてくださいとの注文が多くあった。退職後務めていたテレビ企画会社「アート・ヒルズ」の藤田社長の後押しもあり、高木出版の機関紙に記載していた「おたま人生」を素材にし、大谷高校退職までの音楽 ...

ひとり言#3「私と練習場 (1) 」 2月の日曜は私なりに良く頑張ったと思う。何もできないが5月の演奏会に向けての練習に、自分なりに参加しているつもりである。練習場の下までは、池田一道君の車での往復である。それから部室までの20段の階段、これは私にとっては大変であ ...

ひとり言#2「私の自慢と鉄腕ホルン」 卒寿を迎える私にも人に自慢できるものがある。1992年の定期演奏会を終え、そろそろ退職の事を考え出した。好きなようにやらせていただいた30年、楽器や楽譜も他校には負けないほど揃えていただいたが、それらを次の時代に残す資料と ...

ひとり言#1「演奏会練習に参加して」 今日、4時半ごろに迎えに行きますからとの電話。コピーを依頼していた済州から送ってくれた楽譜を持って池田君の車で学校に向かった。3年前の時もそうであったが大谷の正門で車を降り、練習場までの道のりは老齢の私には堪えたが、今 ...

↑このページのトップヘ