少し早いですが残暑お見舞い申し上げます。次回から広島編になります。頑張って書いていきますので宜しくお願いします。


「私の瀬戸大橋のすべて」


瀬戸大橋が1987年に開通。私が訪れたのは10年ほどのちである。ご縁を得てお付き合いが始まった、金光学園の佐藤正俊先生に案内していただき、今は亡き朴二玉氏(釜山警察音楽隊隊長)とともに余島サービスエリアを訪れ、以後何回となく友人たちを案内して訪れた。私の最大のお気に入りの、福山郊外の鞆の浦、日本のエーゲ海と云われる牛窓とともに、素朴な港風景が残る下津井港は、私の3本指に入る港町である。仰ぎ見る雄大な瀬戸大橋、鷲羽山のあちこちからシャッター切った風景は、今も脳裏に残っている。5年前には、もう訪れることが出来ないであろう鷲羽山上のホテルに、HAALA WIND ENSEMBLのメンバ-や, A氏を始め親しき友人と宿泊。瀬戸内海の彼方に沈む夕陽、朝日が昇る瀬戸大橋の雄大なパノラマは私の大事な思い出である。そして、鷲羽山への入り口であるJR児島駅では忘れられないことがあった。塩田事業で財を成したといわれており、現在国の重文に指定されている野崎邸を見学し、児島駅で夕食した折に京都市発行の「敬老乗車券」紛失、このことは帰宅してからわかり、再発行の手続きと思っていたら、児島駅長名で届けてくださった。お礼の手紙に京名産を送っておいたが、この文面で再度お礼を申し上げます。有難うございました。

20915475_1945604735657706_569458762215395229_n
①定番の下津井瀬戸大橋

20882221_1945604732324373_1650763228779929842_n
②与島パーキングエリア高台より

20841924_1945604738991039_693622093022765196_n
③鷲羽山東端久須美鼻灯台より

20992707_1945604762324370_1809694177455685228_n
④鷲羽山不動明王には「景色よりまず合掌」と書いてあった

20882509_1945604772324369_6198639108087694256_n
⑤鷲羽山山頂より下津井・水島灘を望む

20842015_1945604785657701_8052674484742428940_n
⑥下津井の西端にある祇園神社より瀬戸大橋

20993872_1945604802324366_1939505539943184067_n
20883067_1945604825657697_7662992957139974642_n
20914275_1945604852324361_8819537575003484394_n
⑦⑧⑨下津井昔の街並み

20992891_1945604858991027_5453936505046819964_n
⑩私のお薦めポイント鷲羽山山頂「錘秀峰」付近より

20914311_1945604855657694_6659597729653795037_n
20915252_1945604912324355_5694596411619643021_n
⑪⑫鷲羽ハイランドホテルと天下一の夕景

20882728_1945604938991019_4748845997567037393_n
⑬国重文指定の野崎邸

20882934_1945604948991018_411586387598452172_n
⑭JR瀬戸大橋線児島駅


<木津 清 先生:連絡先>
メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu


596399eb


【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)
【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か!