「カメラ片手にぶらり赤穂線」


戦後間もなく下関から帰路JR赤穂線を走ったことは前述したが、その折は貨物列車の有蓋車。窓外の景色を見ぬ間の3時間弱であった。1999年愛用のニコンカラ-ピックスを手に入れてからは、カメラ片手に各地を訪れた。その最初が赤穂線の旅であった。何度となくこの地を訪ね画像に収めることが出来た。その頃の画像を保管されたCDより取出し、今年になってから想い出の写真集ということで8ヶ月近く書いてきた。日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓湾を望む風景、偶然に出くわした疫神社での朝鮮通信使唐子踊り。日生では、春から秋にかけて、潮が良く引く日にだけ現れる神秘的な砂の道。赤穂海岸でカメラに収めることが出来た素晴らしい夕景。私の自慢できる画像である。このような旅が続くとカメラ片手のぶらり散歩も楽しいものだ。

20622019_1939407106277469_8300376424901768086_n
①牛窓オリ-ブ園より瀬戸内遠望

20622014_1939407102944136_2609078536620664452_n
②朝鮮通信使遺跡として国の史跡本連寺

20663647_1939407109610802_9035946278090701149_n
③常夜灯のある風景

20622040_1939407142944132_7928961452216962580_n
④10月、偶然カメラに残った疫神社の唐子踊り

20638286_1939407146277465_7324317737172745345_n
⑤日本のエーゲ海と云われる超モダンホテル

20638045_1939407162944130_3783813329119643096_n
20620851_1939407196277460_9170000517814035056_n
⑥⑦瀬戸内航路の発着点、日生~大部港

20637850_1939407302944116_3415548838210979009_n
⑧潮が引くと浮かび上がる瀬戸内の縁結びロード 黒島

20621160_1939407349610778_2677543339569654941_n
⑨JR赤穂駅前の大石蔵之助像

20638729_1939407376277442_4656213638067686880_n
⑩国重文赤穂城

20664143_1939407426277437_2573540274213646479_n
⑪「日本の夕陽百選」に選ばれた赤穂御崎の夕日


<木津 清 先生:連絡先>
メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu


596399eb


【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)
【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か!