「備中高梁より吉備線沿線を歩く」


岡山県玉野市文化ホ-ルで行われた金光ウインドアンサンブル春の演奏会に参席。その夜は備中高梁で宿泊。この日の行程はきついので早くに宿を出、タクシ-で山腹の駐車場まで。そこからの急坂の坂道20分、さすがに日本一の高所にある備中松山城。元気であったころだから帰路は一気に市内への下山であった。高梁市内は見るべきところが多く、どのくらいシャッターを切ったか覚えていない。伯備線を戻り、総社宮や備中国分寺を見学。とにかく交通が不便でもし行かれる方は交通網をよく調べておかれた方が良いと思う。吉備線(桃太郎線)の本数が少なく路線バスが賢明である。吉備津神社から山手を歩くと珍しい塚に出会う。そこは昭和初年に塚が建立されて以来、現在までにおさめられた鼻輪の数は六百八十万を超えると云われ、今でも納められていると聞く。偶然出会ったこの塚、歩いてこそ出会える遺跡であった。御釜殿の下には温羅の首が埋められているといわれ、釜の鳴る音で吉凶を占う鳴釜神事が有名な吉備津神社、吉備津彦神社。吉備線沿線の五月風に吹かれた散策は有意義なものがあった。25年前の若い頃の大岩氏と私であった。

19423983_1915048092046704_9180793696898139604_n
①岡山県玉野文化センタ-

19420820_1915048188713361_8118274398320409629_n
19437400_1915048242046689_4471843194098713969_n
②③備中松山城

19399333_1915048295380017_4139646537377680895_n
④高梁市内にのこる武家屋敷

19437340_1915048342046679_6736300918336140143_n
⑤城郭を思わせる薬師院・松蓮寺

19424078_1915048395380007_3461231425845536352_n
⑥瀬久寺(国重文庭園)

19399392_1915048438713336_7543061753999918336_n
⑦総社宮

19437630_1915048555379991_4092684214346391453_n
19260518_1915048618713318_14547156028256606_n
⑧⑨五月風のもと備中国分寺五重塔

19510174_1915048678713312_6481365831441099956_n
⑩きJR吉備線(桃太郎線)

19429637_1915048728713307_7735322553200663499_n
19424285_1915048788713301_6609242658848891097_n
⑪⑫鼻ぐり塚

19396591_1915048838713296_3087077918073588820_n
19423998_1915048882046625_6097211617645333814_n
⑬⑭吉備津神社

19260807_1915048935379953_1957885505914868830_n
19399485_1915048988713281_3090324383852582959_n
⑮⑯吉備津彦神社

19399909_1915049045379942_7259246217974913894_n
⑰後日岡山駅で撮影した桃太郎線車両 



<木津 清 先生:連絡先>
メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu


596399eb


【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)
【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か!