16427680_1841369872747860_5086737163845379838_n

「私を育ててくれた吹奏楽講習会」


私が吹奏楽に関係するようになったのは1963年(昭和38年)、当時面倒を見ていた鐘紡京都のスイングバンドを拡大して吹奏楽団結成の話がわいていた。私にとって吹奏楽は未知の世界。幸いにも東北吹奏楽連盟主催の講習会(5泊6日で福島県猪苗代湖畔)<写真1参照>があると知り、参加することにした。

16427641_1841369952747852_2727647143522747549_n

それは丁度大谷にお世話になる年の夏休みであったと思う。秋山、大石先生が中心になってやっておられ、合奏訓練はオリバ-ド-ティ作の「イ-シタ-の凱旋」であった。変わったところでは、バトントワラ-やマ-チングのフォ-メィション作りの勉強まであった。この間一日サボって同室の方と会津若松城や東山温泉で遊んだことを覚えている。あくる年は雲仙国民宿舎(九州吹連主催)私は大谷行事で不参加でしたが 明浄の荒木先生が参加されました。次年度は関東吹連が榛名湖であり、息子の和哉を出席させた。1966年中部吹連の主催で富士山麓河口湖ハイランド行われ、これを最後に名古屋ヤマハホ-ルに移り、5回行われました(これらのプログラムは書棚に眠っている)。河口湖の時は遊戯施設が多いのと、周辺の写真撮影と遊び回ったことや<写真2参照:大阪守口の水江先生と釜石の先生と連れだって富士紅葉台へ>、鐘紡吹奏楽団が後楽園球場で行われてた都市対抗野球応援出演の関係で、とんぼ返りで駆け付けた想い出があり、実際に勉強したのか疑問符が付きます。

16427552_1841370009414513_6484042319959638203_n

名古屋から合歓に移る前に、一回だけ大阪御堂会館で行われた事があった。この時のゲスト講師が超有名なロバ-ト・ジェイガー氏で、彼の指揮で京都デレクタ-・バンドがモデルバンドを務め、私も打楽器を担当させられるはめになりました。私はこれらイベントが好きで吹奏楽譜新譜購入はほとんどこの時に行いました。私の大谷退職の頃は合歓の里での講習会もなくなり、東京(一泊二日)へ移ったことを覚えています<写真3参照:滋賀県甲西の奇人桑山文章先生と立命館石川先生と合歓の里で>。とにかく私の吹奏楽知識はこれらの講習会のお蔭であったと思いますし、この講習会で全国の吹奏楽関係者との交流が出来た良き想い出の場所でもありました。


<木津 清 先生:連絡先>
メールアドレス:k-annyo@amber.plala.or.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyoshi.kizu


596399eb


【動画】創部50周年記念DVDダイジェスト(1分30秒)
【記事】ダイジェスト動画必見! 創部50周年記念DVD(記念冊子付)残り僅か!